和婚

「ゲストのため」ではなく「自分達のため」

キリスト式な挙式はゲストを証人として神様に「誓い」を立てるものです。一方、神前式は日本の歴史の中で生まれた儀式であり、神様に夫婦となったことを報告する儀式とされます。神前式においては夫婦二人が結びつくことが重視されます。したがって、「三々九度」や「誓詞奏上の儀」、「玉串奉納」に見られるように、夫婦で行う儀式が他の形式よりも多く盛り込まれています。また、夫婦が結びつくということは「家と家が結びつくこと」でもあります。そのため神前式は親族のみで執り行われることが多く、「自分達夫婦と親族のための挙式」を行うことができます。

日本人にとって馴染み深い形式

神前式は日本の神様に対して報告するものであり、神道に由来しています。神道と言うと聞き慣れない宗教のように思えるかもしれませんが、実はお宮参りや七五三などの行事は神道の儀式です。そのため、日本は無意識に神道と深く関わっていると言えます。また、年配の方の中には結婚の際に和装で嫁いでいかれた方が多いので、神前式に親しみを感じやすいでしょう。一方、夫婦となる若者にとっては着物や和装に触れることが少なくなりました。神前式で美しい和装に身を包むということは新鮮で、生涯の思い出になることでしょう。このように、神前式は幅広い年代が楽しむことのできる形式という魅力があります。

結婚後も頼れる神社との縁ができる

神前式は神道の儀式ですので、神社で行うことができます。神社とのご縁を作ることができれば、結婚後も末永くお付き合いすることができるでしょう。前述のとおり、お宮参りや七五三などは神道に基づくものですから、子供を授かれば節目節目で神社と関わることになるからです。現代ではインターネットや様々な冠婚葬祭に関するサービスが発達しているため、あまり一つの神社と深く関わることは少なくなっています。しかしながら、人生の節目で頼ることができる決まった神社があると言うことは、とても心強いことでしょう。

挙式のための負担が少ない

神前式は家同士の結びつきを重視するものですから、親族のみで執り行うことが一般的です。時代に合わせて形式も変化しており、勿論友人等を招待することもできますが、会場が狭いことが多いので他の形式に比べてあまり多くのゲストを招待することはできません。つまり、少人数での挙式を行うことができるので、それによるメリットがいくつかあります。まず、人数が少ないため、他の形式に比べて比較的費用を安く抑えられるということ。加えて形式が決まっているので、挙式のための準備期間を短くすることも可能です。また、招待客の交通費等を考慮する必要がないので、自分達にとってアクセスが良い会場を自由に選ぶことができます。前述のとおりお宮参りや七五三など、結婚後も神社と関わる機会は数多くあります。それを見越してアクセスしやすい神社を選ぶといったことも必要になってくるでしょう。このように、ゲストの都合を考慮する必要がないため、自分達夫婦のため、そして両家の親族のための挙式を行うことができるというのが、神前式最大の強みではないでしょうか。